男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

日本航空(JAL)で忘れ物を検索する(鍵を捜索した話)

スポンサーリンク

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

最近、ちょっとした無意識な行動で、モノのありかがわからなくなってしまう男40代です。みなさんは大丈夫ですか?

ショック顔のイラスト

実は先日、鍵を紛失してしまうという失態を犯してしまいました。

薄れていく記憶をたどりつつ、紛失場所を一つひとつ確認していくのですが、その中で、日本航空(以下、JALさん)で忘れ物の検索をすることになりました。

この経験が少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事にしますね。

ピンチは突然やってきますので、JALさんでの紛失物の確認や紛失届の出し方についてご紹介させていただきます。

 

【目次】

 

 

 航空会社に問い合わせる

なにはともあれ、先ずは航空会社に問合せです。

今回は、JALの例でお話してまいりますが、全日空(ANA)にも類似のサイトがありましたので、それぞれのリンクを以下にご紹介します。 

 

・日本航空(JAL)国内線のお問合せページ

JAL - 国内線 お忘れ物検索のご案内

 ・全日空(ANA)国内線のお問合せページ

遺失物・手荷物破損および紛失についてのお問い合わせ窓口 | ANA

 

JAL国内線での忘れ物検索手順

まずは、忘れ物検索のページにアクセスしましょう。

この”忘れ物検索ページ”を起点にいろいろと作業をすることになります。

さて、今回私がおこなった手順でお話します。

 

その日の忘れ物の状況を調べる

JALでは、検索日当日から1カ月前までの忘れ物を検索することができます。

(1)搭乗日

(2)空港

(機内での忘れ物は到着空港、ラウンジでの忘れ物は、ラウンジご利用空港を選択)

(3)忘れ物分類

(下に分類の画像をつけておきますね。結構、具体的な分類で指定します)

上記を入力して、検索してみます。

 

国内線 忘れ物検索画面

実際の忘れ物検索画面がコチラ。

下の画像の青矢印の部分に、前出の「搭乗日」「空港」「忘れ物分類」を入力します。

 

JAL忘れ物検索ページの画像

ん??

ここでまず気になるのが忘れ物分類ですよね。

忘れ物分類については次項で詳細をご紹介します。

忘れ物分類の指定

今回の忘れ物の分類を指定します。

忘れ物分類では「何を忘れたのか」を、結構細かく指定することができます。

下の画像を参考にしてくださいね。

かなり細かい分類がドロップダウンリストに出てきますので、その中から指定します。

該当がない場合は、リスト最下の”その他”を指定します。

忘れ物分類リスト

 

忘れ物検索結果

忘れ物を指定したら、いよいよ検索です。

実際に検索をしてみると、指定日に指定空港で発見されている遺失物の件数が表示されます。

拾得がない場合は、該当なし。

指定した忘れ物分類の拾得物がある場合は、下記の例のような画面になります。

 

忘れ物検索結果の表示例

試しに、2018年11月1日、羽田空港、”鍵の忘れ物”で検索してみたところ”2件の拾得物あり”という結果が表示されました。

ここで、ヒットすると少しだけ発見への希望がもてますよね。

もしヒットしなくても、諦めずに次の「紛失届の提出」を必ず出しておきましょう。

時間差で発見されることは、良くあることですので。

 

紛失届の提出

 繰り返しになりますが、忘れ物検索で該当がなくても、紛失届は出しておきましょう。

後日、届出内容(お忘れ物分類と特徴)にヒットすると、登録したメールに連絡が来ます

これで航空機内、ラウンジでの忘れ物捜索は、航空会社の方に任せることになります。

下の画像の青矢印部分から「紛失届」が申請できます。

画面内の紛失届の位置

 

 そして、下の画像が実際の紛失届の作成画面です。

この時重要なのが、最後にある「お忘れ物に関するその他特徴」です。

忘れ物の特徴(色、形、ケース、ストラップの有無など)だけでなく、紛失場所で「その他」を選んだ人は、「その他」が具体的にどこと伝えたいのかを記入します。

紛失届の作成画面

さあ、入力が完了しましたら、紛失届を提出しましょう。 

 紛失届受付メール

紛失届を提出すると、受付確認メールが指定のメールアドレスに届きます

 実施の紛失届受付確認メールがこちらです。

紛失届受付メールのサンプル

紛失届の状況を確認

紛失届が現在どのような状況かは、いつでも紛失届受付で確認できます

下の画像の青矢印の部分で確認できます。

画面内の紛失届の状況確認

 

また、確認メール内の中段にある、紛失届処理状況のリンクからいつでも確認できます

紛失届受付メール内のリンク

 

 紛失届対応状況

 さて、それでは具体的のどのように確認できるかをご紹介します。

PCとスマホそれぞれで出来ますので、各確認画面例をご紹介します。

PCの例

以下がPC画面の例です。

指定した搭乗日、空港で「鍵」の忘れ物の届け出を出していたので結果を確認しました。

対応状況:お忘れ物は見つかりませんでした

と表示されてしまいました。

PCでの確認結果のサンプル

 スマホの例 

 以下がスマホでの確認画面です。

スマホでの確認結果のサンプル

 

今回は残念ですが、私の鍵は見つかりませんでした(涙)

 

落胆のイラスト

 

 忘れ物が見つかったら

紛失届を提出したら、ひと先ずやることは完了。

あとは連絡を待つばかり。

ラッキーにも、忘れ物と思われるものが発見された場合、翌日までにお電話してくれるとのこと

結構スピーディな対応ですよね。

もし、発見されなくても、空港会社から離れて、空港や空港店舗、交通機関など次の心当たりを捜索しましょう。

そして、きちんと警察へも届けておきましょうね。

多くの場合、一定期間経過後は最寄りの警察署に移送されますので。

 

まとめ

最後にまとめます。

・飛行機での忘れ物は、すぐに航空会社のWebサイトにアクセス

・JALでは、その日の拾得物をWebで確認できる

・忘れ物分類の指定では、かなり具体的に忘れ物を指定できる

・拾得がなくても、紛失届は必ず出すようにしましょう

・紛失届がヒットしたら、翌日にはJALから連絡が入ります

・遺失物はスピード勝負!紛失届を提出したら次の心当たりを捜索

・最寄りの警察署への紛失届も忘れずに出しましょう

 

残念ながら、私の鍵は発見されませんでした。

管理会社に鍵を開けてもらい、合鍵生活をおくっております。

みなさんも、無意識の置き忘れなどモノの紛失には、くれぐれもご注意くださいね。

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。