男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

ツラくても抑えられない衝動!男の気持ちが動くホテルの朝食

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

読者の中には、宿泊を伴う出張をされる方もいらっしゃると思います。

私もたまに宿泊を伴う出張があるのですが、宿泊は当然ビジネスホテル。

今回は、ビジネスホテルの朝食について、書かせていただきたいと思います。

 

以前にも、ビジネスホテルの朝食(ビュッフェ)の話を書きました。

出張なので、宿泊先のランクは規定相応のところになりますが、比較的自由に選べる項目があります。

それが、朝食

私は、ビュッフェ形式が大好きなので、ビュッフェの朝食をつけられるときは、つけさせてもらっています。

www.secretbase40s.com

で、以前に書かせていただいたのが、ビュッフェでの料理の選択内容が変わってきたこと。

人間よくできたもので、年齢が上がるにしたがって、自然とお腹に優しい料理を選ぶようになってきました。

カテゴリで言うと、洋食から和食へ

具体的な例で申し上げますと、

カリカリベーコン+スクランブルエッグ」から「焼き魚の切り身+小鉢」といった感じです。

(伝わりますかね?)

そんな昨今ですので、ここしばらくは”和食攻め”だったのです。

しかし、今回、男40代の心が動いてしまった朝食がありました。

 

【目次】

  

体調は前日の夜次第

まずは今回は、朝食に向き合うまでの状況からです。

複数人での宿泊を伴う出張の場合、かなりの確率で設定されるのがお食事

メンバーは同じ境遇ですから、自然と「夕飯どうする?」ということになります。

特に、約束もなければ断る理由もありませんので、私は一緒にいく派です。

その後は、お決まりのパターン。

私の周りは飲みますので、お酒が飲めるところに向かいます。

そして、日頃の帰宅ルーティンから解放された反動、、、深酒

そして、〆ラー

(これは近々書かせていただきます)

つまりのことろ、かなりのオーバーロード状態なわけです。

 

朝食に行こうか迷う

前夜の状態が、かなりのオーバーロードですので、まぁ、体調は万全ではありません。

まぁ、男40代のリカバリー力なんて、20代に比べたら”アナログ回線でのダウンロード”みたいなものですよ。

そして、どんなに体調が悪くても、目覚めだけは良くなっているのが壮春期(壮年層の心と身体が大人から超大人へと変化する時期。今、勝手に作った造語ですw)を迎えている男40代の特徴。

時間的には、朝食時間が始まる前ですが、かなり迷います。

なぜなら、お腹は昼まで持ちそうなくらい、腹いっぱいなんです。

 

とりあえず水分が欲しい

前日の飲酒の影響か、エアコンの影響か、大概ホテルでの目覚めは喉がカラッカラッです。

今回は、食事は気乗りしませんが、フルーツジュースとコーヒーはいただきたい

そして、せっかくもらった朝食券を無駄にするのに気が引ける

(すみません、貧乏性なもので。)

複雑な思いを抱えながら、結局、朝食に向かうことにしました。

 

すごいシズルとの遭遇

取り急ぎ、野菜ジュースとグレープフルーツジュースを確保します。

飲みたい衝動を抑えつつも、ビュッフェゾーンを見渡します。

お腹も減っていないので、今回は余裕~。

と、気楽に流していたところ、出会ってしましました。

それがコチラ、フレンチトースト

 

男40代の気持ちを揺るがすヤツ

今回のフレンチトーストですが、スゴかったんです。

何がってシズルが

たっぷりと浸み込んだ卵と絶妙な焦げ目。

そして、微妙な食欲状態でも大丈夫そうなサイズ感。

完全にコチラを見つめていますフレンチトーストが

フレンチトーストのプレート

はい、勝負ありです。

普段見つめられ慣れていないこともあり、一瞬で勝負がつきました

おまけに、なんとなく小腹も空いてきてしまいました

 

食欲が完全復活

気持ちで、ある程度の体調がコントロールできることを再確認した一瞬です。

ダメです。

もう食欲は完全に回復してしまいました。(良い事ですが)

それも、今までにない洋食モード!

一瞬で、ええ歳のおっちゃん男40代をその気にさせるフレンチトーストに完敗です。

FTを持ち上げたところ

 

モリモリの洋朝食の完成

復活した食欲のおかげで、体調まで良くなってきた気がします。

その結果がコチラ。

洋朝食フルバージョン

洋朝食のフル画像

ひと品だけ、小鉢(きゅうりとわかめの酢の物)が和です。

しっかりと、スクランブルエッグ&ポテトサラダ。

洋朝食のメインのお皿

ヨーグルトx2

ヨーグルトの画像

グレープフルーツ

グレープフルーツの画像

 

結局のところ

サラダやシリアルにまで手を出すほどの、食欲

今回の火付け役「フレンチトースト」は、程よい甘さで、もはやスイーツとトーストの絶妙な領域を攻めてきます

おかわりしたくなるFT

結局この後、フレンチトーストはおかわりして超満腹でビュッフェを後にしました。

 

まとめ

今回のエピソードをまとめてみます。

・泊りの出張は暴飲暴食のリスク高
・解放感が高まり、〆までのフルコース率も高い
・この歳のリカバリー力は、アナログ回線でのDLのごとし
・いくら体調が悪くても、目覚めが良いのが”壮春期”
・プチサイズのフレンチトーストのアピール力には要注意
・気持ちで体調はコントロールできる

 

みなさんの、出張ライフのご参考になればうれしいです。

(ならないかっw)

 

今回も、最後までお読みくださりまして、ありがとうございました。