男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

さっぱり、おなかにやさしい、ゆず寒天。

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

私、年末年始での、胃腸の働きには、自分の内臓ながら感謝せずにはいられません。みなさんは、いかかでしょうか?

お酒を飲むのが大好きなので、年末は当然のように忘年、大晦日は年明けを待つことろに年越しそば、新年は実家でまたお酒。幸せな話です。

今回は、そんな自分の胃腸を少しでも労わろうと、ゆず寒天をつくってみました。

初めてチャレンジしましたが、超簡単でしたよ。

山盛りの柚子

 

年末に大量の柚子をいただきまして。

お風呂に入れたりしたのですが、まだ、こんなに手元にありました。そこで、これは何かおいしくいただくことはできないかな!?と。

大掃除で、台所から棒寒天が出てきたということも、今回のきっかけでした。

台所から出てきた棒寒天

棒寒天。いつもらったのだっけ?棒寒天に消費期限ってあるのかしら?

などと、考えつつも、乾物だし大丈夫でしょ!?という安易な素人判断で突き進むことに。

まず、この棒寒天を水で戻すことに。はい、進水~。

棒寒天を水につける

これで、2時間ほど放ったらかします。1時間でも良いみたいですが。

しっかりと水を吸った棒寒天

すると、こんな感じ。

水分を吸って、透明感が出て、少しふくらみました

吸水した棒寒天をカット

そうしたら、キッチンばさみで、3センチくらいにカットして、さらに放置

その間に、ゆずの方の作業に移ります。

 

こちら、カット前のゆずです。今回は、贅沢に5個ほど使いました。(写真は3つですが・・・)

カット前の柚子の画像

 

まずは、皮の部分をおろし器で、おろします

おろし器の上にある柚子

 

こんな感じ。

まぁ、身の部分も適当に、すりおろされてしまいますが、大まかで大丈夫でした。

すりおろし完了の柚子

 

皮の部分を多く残して半分はしぼり汁に、半分の皮の部分はそのまま投入。

すりおろしてから搾り汁を分ける

これで、ゆず側の準備は終了。

 

さて次は、1リットルくらいのお湯で、先ほど水でもどしてカットした棒寒天を煮ます。すると、加熱時間が進むにしたがって、みるみる溶けて、やや粘り気のある状態に。

(結構この沸騰状態、見ていてハマります。動画にすればよかった)

さらに、甘みづけで砂糖を250g投入です。甘めがお好みの方は、もっと入れてもよいと思います。

 

寒天を入れて煮込む

 

火を止めて、ゆずの汁と皮を投入です。

適当にグルグルとかき回して、熱が冷めるまでしばらく放置します。

火を止めてから柚子を投入

 

適当に熱がとれてきたら、器に入れて、冷蔵庫に入れられるくらいに冷えたら、冷蔵庫に入れて、また放置

粗熱が取れたら耐熱容器へ

因みに、容器の大きさは、縦20センチ、横25センチ、深さ5センチくらいです。

冷えたら完成!!

しっかりと固まって白っぽく

おおー、しっかりと固まりました。

 

カットして取り分ける

適当にカットして、完成です!

(本当に、”適当”なカットですみません)

ひとり分で盛り付け

 

もっと丁寧にカットすればよかったですね!(笑)

しかし、甘さ控えめでゆずの香りがあふれていて味はばっちりでした。所々のゆずの皮の食感も良いです。

他にも、牛乳やフルーツの缶詰など、アレンジも自由自在。

食物繊維も豊富で、健康にも良いそう。なので、また作ってみたいと思います!

よろしければ、みなさんもどうぞ~。

 

【でも、寒天って普通家にないですよね】