男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中で起こった出来事からちょっとした生活の工夫まで、いろいろ綴っています。

今年は寒すぎ!冷害に耐える我が家のモンステラ

スポンサーリンク

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

相変わらず寒い日が続きますね。

寒いのは苦手というほどでもないのですが、さすがにこうも寒いと、いつ健康を崩してもおかしくないと思ってしまいます。

今日は、健康の話といっても、我が家にある観葉植物”モンステラ”の健康の話をします。

f:id:memeichi:20180210172847j:plain

我が家のモンステラですが、かわいそうに今年の冬の寒さのせいで、かなりのダメージを受けてしまっています。

さすがに、なかなか道端の雪もとけきらないこの寒さは、屋外の植物たちにとっても過酷ですよね。

道端の残雪

早く暖かくなって欲しいところです!

 

モンステラとは

モンステラ属(Wikipediaより)

熱帯アメリカに20~30種類が分布する。現地では、大木の幹に絡み付いているツル性植物。薄暗いジャングルに生息するため、直射日光を嫌う。反面、耐陰性は強く、比較的に暗い場所でも育つ。乾燥にも比較的強い。葉に穴が開いたり、深裂(深い切れ込み)があったりと葉の形が面白いため、観葉植物として栽培されるものがある。気根が発達している。一部の種は果実が食用となる。

 

 

熱帯雨林では自生している植物なんですね。

熱帯雨林というだけあって、温かい場所を好む植物で、暗い場所でも育ってくれます。葉の形がかわいいので、リビングなどに置かれている方も多いのでは?と思います。

また、モンステラは多少は寒さにも強いので、最低気温が5℃くらいであれば、大丈夫です。

 

我が家のモンステラ

うちのモンステラが、我が家に来たのは、かれこれ5年ほど前の話です。

IKEAで30センチくらいの背丈の鉢植えを購入して、室内に置いていました。

ところが、このモンステラですが、思いのほか成長が早く、グングンと伸びるではないですか!

購入して2年もしたら、背丈も1mを超えて、直径50センチくらいの葉をつけるようになりました。

(これって普通なのかな?)

何度か植え替えをする度に大きくなって、ついに狭い我が家のリビングではおさまらなくなってしまいました。

 

ベランダでもめっちゃ元気

このような経緯もあり、我が家のモンステラは、3年前にベランダにお引越しをしたのでした。

当初は、冬場はちょっと難しいかな?と思っていました。

ところが、我が家のモンステラは、ばっちり環境適応して、毎年元気に越冬してくれていたのです。

植物に詳しい友人が、ベランダで立派な葉をつけるモンステラを見て、こんなに環境適応するなんて珍しいと言ってました。

 

今年の冬は寒すぎる!

そんな自慢のモンステラですが、今年の冬はちょっと厳しそうです。

マンションのベランダなので、直接雨や雪が当たることはないのですが、あまりの寒さにいくつかの葉が変色してしまいました。

モンステラの葉1

 

モンステラの葉2

やはり、外側に近い葉の方が大きくダメージを受けています。

モンステラの若葉

さらに、こちらは若葉です。

若い葉っぱはまだ柔らかいので、寒さにも耐えられませんでした。

かわいそうに、変色してしんなりとしてしまいました。

 

最後に

かわいそうですが、何とか頑張って、今年も越冬して欲しいところです。

因みに、モンステラの他にも、今年の寒さで結構ダメになってしまった鉢植えもあります。

とにかく、どうか早く暖かっくなってください!

 

あっ、モンステラと言えば、沖縄では普通に街路樹として大きなモンステラがたくさん生えていました。

ガジュマルの大木もあったし。さすが沖縄。

今日の那覇は最高気温24℃、最低気温19℃。

f:id:memeichi:20180210171437p:plain

羨ましすぎます!

 

今回も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。