男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

【お口の健康】突然の激痛、さようなら奥歯、大切な奥歯とのお別れ

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

今回は、激痛に耐えかねて奥歯を抜くまでの話です。

私、先日、奥歯を抜くことになってしまいました

歯が痛い男の子

親知らずではなく、左下の奥から2番目に生えている、普通の永久歯です。

ずうっと、歯の健康には気を遣ってきたのですが、40代にしてはじめて通常使う歯を抜くことになってしまいました。

それも、歯の中では前歯の次に良く使う奥歯

言うなれば、エース級のポジション

奥歯は左右にあるので、将棋に例えるなら”飛車””角”の片方が、なくなったことになります。

 (これはイタイ!)

それでは、激痛を思い出しながら報告させてただきます。

 

【目次】

 

目指せ8020運動

 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、世の中には”8020運動”というものがあります。

日本歯科医師会がすすめる”8020運動”ですが、私、”8020運動”離脱への一歩を、40代にして踏み出すことになりました。

8020運動

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切 です。ぜひ「8020」を目指してください。

(引用:日本歯科医師会ホームページ)

 

大人の歯って何本?

通常、大人の歯は上下、それぞれ14本なので、合計28本。

そこに、左右上下の親知らずを追加すると、合計 32本になります。

まぁ、親知らずを除いて28本なので、”80歳で20本以上の歯”までには、1本抜いてあと7本の余裕があることになります。(気休めです)

 

奥歯の大切さ

よく聞く抜歯と言えば、歯科矯正

場合によっては、歯を数本抜いてから、歯を整列させるためのスペースをつくることがあります。

これは、ある意味、健全な抜歯ですね。

歯並びが矯正されれば、隙間も自然と埋まってきます。

きっと、歯科矯正で奥歯を抜くことはほとんどないでしょうね。

なぜならば、

奥歯がないと、めっちゃ不便だから。(奥歯がないときの不便さは、また改めてお伝えしますね。)

 

奥歯と別れるまで

それでは、実際にどのように奥歯と別れることになったかです。

こんな感じでした。

別れの予感

今回の奥歯とのお別れのはじまりは、奥歯の違和感

噛み合わせる時になんとなく、左下の奥歯に違和感を感じていました。

最初は「なんとなく気持ち悪いな」「疲れているのかな」程度の軽い気持ちでした。
(※なんでも疲れのせいしてしまう40代) 

特に際立った違和感でもなかったので、その日はいつも通り歯を磨いて就寝

強まる違和感

翌朝、なんとなくですが、違和感が強まったような気がします。

特に歯を噛みあわせるていなくても、どことなく奥歯の辺りが”ムズ痒い”感覚。

昼食の時も、ムズ痒いというか、硬いものを噛んでいる感じというか、微妙な違和感を感じていました。

それでも、生活に支障をきたすほどでもないので、いつも通り午後の仕事をこなします。

違和感をもちつつ参戦

夕方になっても、相変わらず奥歯の違和感は続きます

そして、その日は金曜日。

しかも、夜は『焼肉食べ放題&飲み放題 feat.壮行会』!!

少々の違和感なんて気にせずに、満を持して参戦する男40代

コース+追加オーダー式の食べ放題。壮行会ですので、普段とは少々異なるグレードのお店です。
(すみません。”普段”ってほど行っていません、焼肉。)

焼肉のイラスト

突然超えてしまった一線

コースがスタートし、順調な立ち上がりを見せます。

しかし、美味しさと楽しさの談笑の中、それは突然やってきました。

忘れもしない、歯応え抜群な上ミノをひと噛みした時でした。

激痛ーーー!

脳天を突き抜ける激痛

歯の痛みが走る 

しかし、ここは楽しいお酒の席。

一瞬無口になってしまいましたが、痛みをこらえて笑顔を絶やさないのが男40代の対応力(持論)です。

そして、話題の切れ間を狙って、すかさずトイレに立ちます。

触るだけで激痛

それまでは”イタ痒い”感じだった奥歯なのですが、なにか一線を越えてしまったようです。

トイレの鏡で確認しても、見かけはいつも通りの奥歯。

でもそれからは、指で少し押すだけであの激痛が走ります

当然、モノを噛んでも同じ痛みが襲ってきます。

ギブアップ!

それでも、美味しい肉の魔力に吸い寄せられる私

痛みをこらえつつ、反対側の奥歯で少しずつお肉を食べます。

(この時、初めて知りましたが、焼肉ってちょびちょび食べてもイマイチなんですね。)

しばらくの間は頑張れましたが、兎にも角にもイタイので、残念ながらギブアップ

 痛さに降参したイラスト

 さようなら、美味しいお肉。

さようなら、同僚(feat.壮行会ですから)

それからは、気休め程度に冷たいビールで患部を冷やして、散会。

帰宅後は、イタイながらもちゃんと歯磨きをして、鎮痛剤を飲んで何とか就寝。

後から思えば、アルコールもいけませんでしたよね。 

 

その後

結局、翌日の土曜日に、飛び込みで歯科に行くことになるのですが、その時の悶絶エピソードはあらためてさせていただきますね。

 

みなさんの奥歯は大丈夫ですか?

みなさんの”健康な歯の維持”のお役にたてたなら、私の激痛経験も報われます

お口の健康、一緒に意識して行きましょう。

 

本日も、最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

【関連記事】

www.secretbase40s.com

www.secretbase40s.com