男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

2018年観梅でリフレッシュする40代。勝手に梅5選を紹介。

スポンサーリンク

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

昨日は少し暖かかったので、日中の陽が出ているタイミングを見計らって、ちょこっと出かけてきました。

この時期、何かあるかといろいろと思案した結果、ちょっと遠いですが梅を見に行くことにしました。

これから春になると、各地でいろいろな花が楽しめるようになりますね。

春が待ち遠しいです。

地方によっては、このタイミングで、梅を観に行かれた方も多かったのではないでしょうか。

www.bu-kirin.com(瀬高きりんさんも梅を観られていました)

ということで、独断と偏見で”気に入った梅5選”をご紹介します。

あ、今回は画像多いです。

そして、少し早かったので蕾も多いです。

 

【目次】

 

2018年の梅の見頃はいつ?

2018年は冬が寒く、その影響で梅の見頃時期は少し遅めらしいです。

早咲き品種は例年より約2週間、普通咲きの品種は約10日遅く、遅咲きの品種は平年並から5日程度遅くなりそうとのことです。

 

本日の観梅お気に入り5選

それでは本日の梅5選

梅の名前はそれぞれ木に付いていたタグの名前にさせていただいています。

 

野梅(やばい)

一番ポピュラーな感じの梅ですね。

この木は満開でした。”The梅”って感じです。

野梅には系統があり、いくつかの品種があるそうです。

野梅のアップ

The梅といった感じの野梅

 

紅千鳥(べにちどり)

緋梅系(ひばいけい)の一種だそうです。

白色がきたので、赤系で。

上に伸びた枝にポンポンと咲く濃い目の紅色がきれいです。

紅千鳥のアップ

紅千鳥の枝

 

八重旭(やえあさひ)

やや赤みが入ってピンク色でした。

その名の通り、花弁が重なっており、一つの花が豪華です。

 

八重旭の枝

八重旭のアップ

 

月影(つきかげ)

他の梅とは少し雰囲気が違いました。

まだ、咲いていないということもありますが、蕾がうす緑色なんですね。

いくつか咲いてた花は、白色でした。

まだ、1分咲程度かな。

月影のアップ 

 

淡路枝垂(あわじしだれ)

枝垂れ系も趣があって好きなのですが、残念。

その名の通り、淡路島が有名みたいです。「梅 淡路枝垂」で検索したら、淡路島が結構ヒットしました。

ほとんど蕾の状態でした。

これは満開になったら、キレイだろうな。

淡路枝垂の蕾たち

 

最後に

この他にも、玉英(ぎょくえい)や唐梅(とうばい)というのもあったのですが、どちらも蕾状態でした。

(残念…)

同じ名前の梅でも、植えられている場所によって、咲き方は様々

しかし、これから順々に咲くと思うので、しばらくは梅の花を楽しめそうですね。

そして、今晩はもちろん梅酒にすることにします。

観梅と梅酒の晩酌で2度楽しむのが、欲張りな40代の楽しみ方

(勝手に今決めました、すみません)

これも心の健康管理のひとつですね。

 

今回も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。