男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

【男の料理】料理をすると健康面のメリットも大

スポンサーリンク

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

以前にも書いたのですが、最近少しだけ料理をするようになりました。

平日はあまり時間がないのですが、時間がある週末は結構台所に立っています

それが原因で、指先が割れているのですが(笑)

www.secretbase40s.com

きっかけは、何気なく「今日は、料理でもしてみようかな」と思ったこと。

その時に、自分が小さいころ父親が、ビーフシチューをつくってくれたことを思い出して、私もビーフシチューをつくってみたのが、コトの始まりでした。

言われてみれば、ビーフシチューをたまに作る男性って多くないですか

まぁ、そんな形ではじめた料理ですが、実際に料理をしてみると、いろいろと学びがあります

シェフのイメージ

 

特に、健康を気にしている方は、一度料理をしてみるのも良いかもしれません。

今回は、男40代の私が、冷やかしでやっている料理を通じて、健康に良いなと感じたことを書いてみます。

 

【目次】

 

料理をすることの魅力

私が料理をするようになったのは、つい最近。

冷やかし程度に料理をしてみたところ、コレが結構楽しい

なにも考えずに無心で皮むきをするのも癒されますが、ピーラーでするっと皮を剥けたときはちょっとした爽快感があります。

そして、家族からも感謝されたり、美味しいと言われるのも、ちょっとした快感です。

まぁ、うまく乗せられているとも言いますが…

私なぞは、週末料理野郎なので好き放題に料理をしていますが、これが毎日ともなると大変だな、有り難いな、と感謝の気持ちが生まれてきます

 

料理をすると健康が気になりだす

また、料理をすることで健康面でも良いことがありました。

それは、なんとなく味と調味料のバランスがわかってくること。

40代という年頃ですので、やっぱり血圧や体型が気になりだしています。

料理をすることで、塩分や砂糖などの量が、なんとなくわかってきます。

調味料のイラスト

 

例えば、

塩大さじ1で、出来上がりがこの程度のしょっぱさなんだ、というようにです。

甘さもしかり。

甘さの方が驚きは大きいかもしれませんね。

かなり砂糖を投入しているのに、出来上がってみると「甘さひかえめ」になっていたり。

 

外食の味付けは濃い目が多い!?

そんな中で、最近気になっているのが、外食の味付け

結構、濃い目の味付けなことに気づかされます。

味付けが濃いとご飯がすすむので、確かに美味しく感じる気がします。

料理人でないので、どれくらいの分量が入っているかはわかりませんが、感覚的に結構入っているなとか、気がつくようになりました

それだけでも、良い副次効果だと思っています。

 

知ることは第一歩だけど…

いろいろと関心をもち、気にするようになれたことは、とても良い事です。

しかしながら、だからといって品行方正な食生活になるかというと、なかなか一筋縄ではいきませんね。

それが、リアリティということです。(私だけか?)

照れている男性

 

なにごとも、”根を詰める”のは素晴らしいことなのですが、私の場合はまだまだ未熟の極みです。

皆さんに告白していない麺類や甘味など山ほどありますし

誰しも一気に行動は変えられないので、体型や血圧などの健康面を意識しながら、上手に食欲と付き合っていこうと思っています。

無理しても続かないですしね!(ポジティブ思考!)

 

まとめ

・料理することで癒されて、思いがけない爽快感も得られる

・味付けと調味料の量が、なんとなくわかってくる

・外食の味付けの濃さが気になりだす

・気になることは男40代にとって大切な第一歩

・一気に無理せずに、自分の健康と向き合いながらが、知ったとこを活用しよう

 

つらつらと書いてみましたが、やっぱり生産的な活動は楽しいですね。

これも、毎回毎回のプレッシャーがないからこそのこと。

食事を作らねばならない方は、本当にたいへんだと思います。

たまの代役でも、そんな負担軽減の一助になれば、それはそれで喜びと感じている最近でした。

 

今回も、最後まで読んでくださりまして、ありがとうございました。