男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

【男のおつまみ】3分で簡単、搾菜マスカルポーネ

スポンサーリンク

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

昨日も書きましたが、今年は少しずつ料理をするようになりました。

と言っても、男の料理なので健康に気を遣っている訳でもなく、手のかかった仕込みをしている訳でもなく、”簡単”がキーワードです。

今回は、スーパーで発見した安売りの搾菜を買ってきたので、家に合ったマスカルポーネと合わせて、適当におつまみを作りました。

 

材料

これと言って、特別な材料や調味料はいりません。

手軽なおつまみなので、火も油も使わずに、買ってきてひと手間でできるのが良いところです。

搾菜

スーパーで安売りでした。

画像のパックの外周サイズで、横14センチ、縦10センチくらい。

実際に使用したのは、このうちの半分程度です。

搾菜を選ぶときは、歯応えがあるものがおススメです。

(因みに、残りの搾菜は、ご飯と一緒におかずとしていただきました。)

買ってきた搾菜パック

 

マスカルポーネ

マスカルポーネチーズは、雪印の100gカップ

300円くらいで買いました。今回は、冷蔵庫にあったものを使います。

100gの量で、2人で晩酌する時のおつまみ2回分くらいにはなります。

クリームチーズはマスカルポーネ

 

作り方

搾菜を切る

搾菜をみじん切りにします。

この辺り、適当に

油分で手が滑りますので、包丁を使うときは注意してくださいね。

搾菜を取り出したところ

搾菜をみじん切りにします

 

マスカルポーネを混ぜる

さて、搾菜のみじん切りが完成したら、次はマスカルポーネと和えます

マスカルポーネは、後からいくらでも調整できるので、コチラも適当に

つぎ足して、適当な頃合いになったら完成

ここまで、実に3分足らずです。

やったことと言えば、切って混ぜるだけの、超簡単作業

乾燥パセリが家にあったので、ついでにパラパラとふりかけて終了としました。

(もちろんなくても、乾燥パセリの味はしないので、問題なしです)

適当にマスカルポーネを入れる

マスカルポーネと搾菜を和えます

搾菜マスカルポーネ完成

 

完成

今回は、クラッカーに乗せて食べることにしました。

こちらも家にあったクラッカーで対応。

クラッカーと一緒にいただくことに

 

見かけと味

改めて見ると、見かけはどことなく、酒粕とわさびの和え物風ですね。

味は、クリームチーズベースなので洋風な感じがしますが、搾菜の味が入ってくると、和テイストな風味が出てきます。

マスカルポーネの甘さと搾菜の風味がいい感じです。

一口食べてみて、日本酒に合いそうでしたので、日本酒と一緒にいただきました。

レモン汁を数滴たらすと、もっとおいしくなりそうでしたが、レモン汁がなかったのであきらめました。

 

あとがき

この記事を書きながら、クックパッドを検索してみましたが、「搾菜 マスカルポーネ」で”検索結果なし”でした。(2018年1月28日現在)

もっと美味しくアレンジして、だれかレシピ登録してくれないかしら。

  

今回も、最後まで読んでくださりまして、ありがとうございました。