男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

【知らなきゃ損!】通学定期は絶対お得

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

私は通勤で電車を利用しているのですが、定期券の出費って結構バカになりませんよね。幸いにして、交通費として支給されているのですが、あまりの支払金額の一撃のインパクトに、購入する時期が来るたびに「これって、本当にお得なんかいな!?」と感じてしまいます。

(40代にして、ちいさっ!と自分でも感じますので、指摘しないでくださいね)

以前に、「通勤定期は本当にお得なのか」を考えてみました。

memeichi.hatenablog.com

そこで、今回は”通学定期券”についても、お得かどうか考えてみた、というお話です。

学生さんは、お休みが長かったりしますよね。我が家でも、子供たちのスケジュールを見ると「子供たちの定期券買う?」という議論になります。

そんな議論に終止符!です。

IC定期券のイメージ

 【目次】 

 

通学定期券って?

まずは、正しく知るために引用させてくださいね。

通学定期乗車券

児童・生徒・学生の通学のための定期乗車券であり、通勤定期乗車券より運賃が安い。購入時に通学を証明する通学証明書の提示が必要で、販売区間も自宅の最寄駅と学校が指定する最寄駅との間の最短、または最安となる経路に限られる。また、翌年度の5月1日以降にまたがるものは発行できない。JRでは大学生用・高校生用・中学生用・小学生用の4種類がある。有効期限は通勤定期と同様1・3・6か月である。

(中略)

高校生用は大学生用の1割引、中学生用は大学生用の3割引、小学生用は中学生用の半額の運賃が設定されている。大学生用定期の価格は通常の約30%なので、月10往復程度で元が取れる。なお、3か月定期は1か月定期の5%引、6か月定期は1か月定期の10%引の運賃が設定されている。

(Wikipedeiaより)

 5月1日以降にまたがるものが発行されないというのは、初めて知りました。当該年度の定期券は、4月中に買えってことかな?

それはさておき、月10往復程度で元がとれるとは、かなりのお得感じゃないですか!?

以前、通勤定期でシミュレーションしてみた例では、1ヶ月15往復が分かれ目でしたので、大体その3分の2です。

 

通学定期券はどれくらいお得か?

それでは、のお得さを、実際の例を使ってみてみることにします。

あまり、複雑な経路は難しいので、前回同様に「東京ー千葉」でやってみます。

大学生の場合

1回乗車で640円かかるので、1ヶ月(60回)だと、38,600円

それに対して、1ヶ月定期だと9,050円でいけるんですね。すでに、切符通学の約4分の1です。6ヶ月定期だと約5分の1。

1ヶ月当たりに換算すると、8,143円ですので、6ヶ月定期は、1ヶ月定期よりも▲907円お得です。

通勤定期と比較しても、43%~47%ですので半額以下!ですね。

学割すごい!

これは、切符で通ったと考えると、12.7~14.1回の乗車になるので、1日の通学(往復)で考えると、6.4~7.1日。つまり、8日の通学日があれば、1ヶ月から6ヶ月のどの通学定期でも、元がとれる計算になりますね!

大学生のシミュレーション

高校生の場合

高校生の設定がある場合は、さらに割安になります。

すでに、1ヶ月から6ヶ月の通学定期券で、切符通学の約5分の1

1ヶ月に7日間の通学(14回の乗車)があれば、元がとれます!

高校生のシミュレーション

中学生の場合

中学生の場合は、もっともっとお得になります。

1ヶ月に5日間の通学(10回の乗車)があれば、どの期間の通学定期でも元がとれます!

中学生のシミュレーション

定期券のリスクと対策

リスク

定期券のリスクといえば、紛失リスクですね。

6ヶ月定期となると、大きな金額になりますので、紛失した時のショックは結構大きなもになります。(我が家では、結構というか”かなり”ですが)

あと、リスクではないですが、家計的には一時的な出費増でしょうか。

対策

具体的な、通学日数でシミュレーションしてみると良くわかったことがあります。

通学定期は、そのものがかなりお得なので、1ヶ月と6ヶ月の差があまりないということです。

つまり、購入が面倒でなければ、1ヶ月定期券の更新でまわす、というのが良いですね。紛失リスクと一時的な出費の分散にもなりますし。

ちなみに、通勤定期券の場合は、1ヶ月と3ヶ月は大差なしで6ヶ月だと、若干(1ヶ月当たりの通勤日数換算で3日程度)お得でした。

まとめ

・通学定期乗車券(通学定期券)は、通学用の定期券で1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月がある

・JRなどでは、大学生、高校生、中学生別の料金設定がある

・通学定期券は、切符、通勤定期券(普通定期券)と比較して、かなりお得!

・大学生の場合でも、1ヶ月15回の乗車、7.5日の通学で元が取れる

1、3、6ヶ月どの期間でも、金額メリット差は少ない

・紛失リスクや出費インパクトを考えると、1ヶ月をこまめに買うのがおススメ!

 

所感

通学定期券てお得ですよね。子を持つ親としては、有り難い話です。

通学は、会社と違って交通費支給などないですから、定期券代金がそのまま、家計にきいてきます。上手に使いこなしていきたいところです。

余談ですが、私の会社では、通勤定期代が6ヶ月定期分、年に2回まとめて支給されます。1ヶ月定期でやり繰りしようと、志すのは良いのですが、知らずの間に使い込んでしまい、後半戦の定期券代で焦ったこともありました。

計画性って大切ですよね。

※今回はJR東日本でシミュレーションしましたが、各鉄道会社や経路で設定や割引率異なりますので、ご留意くださいね。

 

最後まで、読んでいただきまして、ありがとうございました!

【関連記事】