男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

E席?C席?もう迷わない!東海道新幹線の指定席選び。

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

 

 

みなさんは、東海道新幹線に乗りますか?
乗る時は、どの席が好きですか?
私は、窓側が落ちつくので、購入時には「窓側を希望」と伝えています。
しかし、この窓側の座席ですが、結構好みがわかれることを知りました。
TPOによって使い分けている人もいたりしますね。
今日は、東海道新幹線の座席指定に関して、主観的が相当入りますが、ご紹介します。

【目次】


東海道新幹線の座席
本題に入る前に、簡単に座席に関して説明します。
東海道新幹線の座席は、A席からE席までの5座席が横に並んでいます。(※)
多くの車両が1車両に20列。(※)
東京から博多に向かうとき、進行方向に対して左からA-B-C、通路挟んで、D-Eとなります。
当然、博多から東京に向かう場合は、進行方向に対してその逆になります。
※車両によっては、喫煙スペースの都合やバリアフリー用に変則的な車両もあります。
※今回は、1車両に5座席x20列の一般的な車両で書かせていただきます。

A-E座席から選ぶ
選択肢として5つありますが、当然それぞれに長所短所があります。
A席
3人席の最も窓側になります。
A席の長所

・窓枠の足元にコンセントがある。(※N700系車両)
・窓枠の上部に2カ所に送風口がある。
 スライドして開閉できるので、暑がりな男40代にとって夏場はかなり助かる。
・フックがある
 上着や帽子、荷物などを引っかけられる。
・景色を楽しめる
・シェードの主導権を握れる
 景色を見るのも、日光を遮るのも、思いのままです。
・奥まっているので、微妙に落ち着く

A席の短所
・通路に出るのが面倒
 特にB、C席が埋まっているときは、2人越えとなる。
・通路に出るのに恐縮する
 お食事中やトレーを使用中だと恐縮してしまいます。就寝中だと最悪ですね。
 トイレが近い人など、頻繁にデッキで電話したい人には、厳しいです。
・席を立つときに、頭上の荷物棚が邪魔
 身長にもよりますが、頭をかがめなければいけません。
・棚の荷物を取りづらい
 荷物棚はガッツリと頭上に張り出しています。

B席
3人席の真ん中になります。

B席の長所
・A、C席と比べて座席幅が少し広い

 

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。