男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

【男40代の健康】噛んでも噛んでも終りなし、奥歯を抜いて不便なこと3つ

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

先日、麻酔の効かない抜歯という拷問に耐えた男40代です。

歯が抜けている男の子

あの時のことは、今もややトラウマなのであまり思い出したくないのですが、

今回のお話に関係するので、リンクを貼らせていただきます。

www.secretbase40s.com

さて今回は、抜歯後に思いがけない不便さを感じているという話です。

 

【目次】

 

歯医者から足が遠のく

奥歯を抜いた後、消毒やら抜糸(大きな穴が空いているので縫合されます)で歯医者に通うことになります。

また、ある程度の期間は痛みが残るので、痛み止めの頓服薬を処方してもらい、何とかしのぎました

その後、違和感は続きますが、なんとなくやりきった感痛みもなくなっていることもあり、しばらくは歯医者を見たくない気持ちに負け、足が遠のきました。

 

奥歯がなくなって困ったこと3つ

その間、決して問題がないわけではなく、結構不便なことも多いので報告させていただきます。

まぁ、いままで40数年あったものがなくなったわけですから、今まで通りとはいきませんよね。

いくら噛んでもつぶれない

まずは、なんといってもこれ。

いくら噛んでも、なかなか食べ物がつぶれません

歯がかみ合わないところは1か所だから、その周りで噛みつぶせるでしょ!?

と思われる方も多いと思います。

いやいやいやいや、それがつぶれないのですよ

咀嚼の度に、食べ物がみんな流れ込んでくるんです!

隙間に!

下の青矢印のように、前後から容赦なく流入してくるんです。

奥歯のスペースが不便

 

舌を噛む

不便なこと、というよりは痛いことなのですが、ホント、舌をよく噛みます

今までは歯があったので、ブロックされていたのですが、歯がなくなったスペースに舌の一部が入り込むようになりました。

その結果、スペースの前後の噛みあわせで、舌の横の部分をとにかくよく噛んでしまいます。

これが、また痛いのです。

 

隙間が気になって仕方ない

これは、舌をよく噛むようになったからかもしれません。

歯がなくなったところが、めちゃくちゃ気になります

噛んだ後の治りかけ状態でも、歯の側面に擦れて治りが遅いですし。

話す時も舌を噛まないか気になって、滑舌が悪くなります

 

魔の不便の連鎖

そして極めつけが、それぞれの不便が連鎖しているということ!

不便⇒痛い⇒不便⇒痛い…のエンドレスループです。

 

【不便の連鎖】

噛めない痛い気になる

 

最後に

いやはや、本当に不便極まりないです。

結局、反対側で食べ物を噛んでばかりいます。

このままいくと、噛んでばかりいる右側の顔の筋肉が発達して、人相が変わるかも

ちょっと、ビビっています。

ですので、近々(人相が変わる前に)歯医者に行きたいと思う今日この頃でした。

 

みなさん、たかが奥歯一本と侮ってはいけません

 

本日も、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

【関連記事】

www.secretbase40s.com

www.secretbase40s.com