男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

【男40代の健康】いくつが正しいの?私の血圧値について。

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

最近、意識して血圧を測定するようにしています。
といいますか、40代もそこそこまで来て、なにかと昔のように無理がきかなくなってきました。

そこで、なにか健康によいことを始めようと思い立って、血圧計を買ったわけです。

ただでさえ、飽きっぽい性格ですので、きちんと続けてるためには、そこそこの投資で自分を追い込むのが大切と思って、血圧計を購入したことは、以前の記事で報告させていただきました。

 

www.secretbase40s.com

ですので、私、”血圧測定を意識せざるをえない”状況に身をおいております。

その後、しばらく測定を続けておりますが、気になるのは、そもそも「血圧っていくつが良いの?」ってこと。

少し調べてみましたので、ご紹介します。

 

【目次】

 

血圧の基準値

血圧には基準値があるそうです。

高血圧かどうかを知るのに、基準となるのがコチラ。

 

<診察室血圧>

診察室血圧の基準値

<家庭血圧>

家庭血圧の基準値


いくつかの言葉がわかりずらいので、補足しますね。

診察室血圧

医療機関で測定した血圧のこと。

それでは、健康診断は会社でやっているけれど、医療機関なのかしら?と気になりました。そこで基準を見ると、140mmHg/90mmHgと書かれていたので、診察室血圧に該当するようです

家庭血圧

その名の通り、家で測定した血圧のこと。

ここで、疑問に思うのが、診察室血圧と家庭血圧では、なぜ基準値が異なるのかということですね。

その理由は、診察室よりも家で測った方がリラックスしやすいので、基準値も少しだけ低く設定されているのだとか。

言われてみれば、確かに医療機関とかで測定する時って緊張しますよね。

ビビりの私は、特にかもしれませんが…

また、調べてみてわかったのですが、やはり何かとわかりづらい表現が多いですね。

病気の分野って。

基準値に書かれている「収縮期」「拡張期」とは、俗にいう「最高血圧」「最低血圧」ってことでした。

血圧ってなんの圧力なの?

そもそも、血圧ってどのようなものなのかというと、心臓が血液を送り出す時の圧力だそうです。


収縮期/拡張期という表現も、心臓の動きからきている表現なんですね。
なるほどです。

収縮期血圧

心臓の血液を送り出す部分が縮こまり、血液を血管に送り出す時に血管にかかる圧力のこと。

「最高血圧」「上の血圧」ともいいますね。

画面

拡張期血圧

心臓の血液を送り出す部分が拡がり、次に送り出す血液を準備するときに血管にかかる圧力。

「最低血圧」「下の血圧」ともいいますね。

最後に:高血圧かどうか

何回か測ってみてわかったのですが、血圧って測るたびに違うんですね。

測定結果1の表示

測定結果2の表示

たまに、基準値を超えていることもあります。

でも、他の健康状態が良くて、たまに高くなるくらいならば、それほど問題はないそうです。

でも、高い状態が長く続くと血管に負担がかかってしまい、動脈硬化を進行させてしまうとのこと。

結局は、定期的に測って、自分の血圧を見ていくことが重要なのですね。

また、”動脈硬化”とかよく耳にする言葉ですよね。

そのような話題が世の中で増えているのか、動脈硬化に対する私の感度が高まっているのかわかりませんが、健康には十分注意して、毎日を過ごしていきたいものです。

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

オムロン 上腕式血圧計 ブラック HEM-7600T-BK

オムロン 上腕式血圧計 ブラック HEM-7600T-BK

 
オムロン 上腕式血圧計 (ホワイト)OMRON HEM-7600T-WN

オムロン 上腕式血圧計 (ホワイト)OMRON HEM-7600T-WN