男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

はじめてのお医者さん、前立腺肥大症の診察。

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

55歳以上の男性の5人に1人の患者さんがいると言われている「前立腺肥大症」。年間で約40万人が、お医者さんで受診していると言わています。*1
(*1 厚生労働省:患者調査2011)

 

医者の問診のイメージ

 

しかし、病院や診療所に行くのは気が乗らないものです。
やらり、何をされるのか、どうなるのかが全くわらかないと、人は誰しも不安になるものです。

今回は、初めは療機関でどのようなことを調べられるかを、ご紹介します。

 

 【目次】

 

まずは問診

まずは問診ですね。
ここでは、どのような尿のトラブルがどの程度あるのかを聞かれます。
質問内容は、下のリンクの回で紹介したような内容になります。
あらかじめ、内容が解っていると随分と気が楽ですね。

  

 

検査

 大切なのは原因が何かのか。「前立腺肥大症」なのか、その他の病気が潜んでいないかの確認や、尿のトラブルの詳しい状態を調べるために、検査を行うこともあるそうです。

検査きっとのイメージ

血液検査

腎臓の働きや、前立腺がんがないかを調べます。

尿検査

尿に血が混じっていないかや、細菌がいないかなどを調べます。この検査で、がんや感染症をみつけることができます

超音波検査(エコー検査)

膀胱に残っている尿の量や、前立腺、膀胱の状態を調べます。

【もっと詳しく】

  

主な治療法

尿のトラブルの原因が、前立腺肥大症の場合は、下記のような治療があるそうです。

薬による治療

前立腺を収縮させる”ノルアドレナリン”という物質の働きを抑える薬が主に使われるそうです。薬により前立腺の過剰な収縮を抑えます
その他にも、男性ホルモンお働きを抑える薬や、漢方薬なども使われるそうです。 

その他の治療

薬で効果が不十分な場合には、手術による治療を行うこともあるそうです。

 

その他の原因の場合

前立腺肥大症のない過活動膀胱の人(若い人が多いようです)の場合は、膀胱の過敏な収縮を抑える薬、抗コリン薬という薬が主に使用されるそうです。

 

次回は、「前立腺肥大症」「過活動膀胱以外の尿のトラブルの原因を調べてみたいと思います。

 ※本内容は、アステラス製薬さんの『「トイレが近くて」困っていませんか?』の小冊子を参考にさせていただきました。

 

【関連記事】

 

【もっと詳しく】

【不安を解消、便利グッズ】