男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

使えるクリアファイルと余ったファイルの活用法

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

クリアファイルって、手紙や書類の整理に便利ですよね。

まめイチも会社や家で、たくさんのクリアファイルを使っています。

そんな中で、少し気になったことがありました。
それは、使えるクリアファイルと、使えないクリアファイルがあるってこと。

今回も、ちょっと主観的で、すみません。

クリアファイルの色バリエーション

 

クリアファイルの役割は?

そもそも、クリアファイルって、どのように使ていますか?

1. いろいろな書類や冊子が、散らからないように、まとめておく

2. さらに、テーマや企画ごとにまとめて、わかりやすくしておく

3. もっとすごい人は、色やデザインやマークで識別して、カテゴリーごとに管理している

などなど、レベル感や活用の仕方も、ひとそれぞれだと思います。
その中でも、共通する役割は「挟んで整理すること」ですね。
因みに、私は、Level2で、関連ある書類などを1つのクリアファイルにまとめています。

 

クリアファイルの種類

クリアファイルもサイズ、素材、デザインなど様々ですが、私はこんな風に使っています。

A4タイプ(透明~半透明)

いちばん一般的なクリアファイルです。
文房具屋さんや100円均一など、入手も楽ですが、意外と日常業務で溜まってしまうことも多いです。
ワンポイントの商品広告やロゴが入ったタイプも、こちらに分類されます。

A4タイプ(不透明デザイン)

一般的なA4タイプに、デザインが施されているものです。

企業のイメージカラーやキャラクターなどのデザインが入っているものが多いです。

また、美術館のギフトショップで購入できるものや、芸能人絡みのものは、自分の好みや趣味に合ったものが選べて、使っていること自体が嬉しくなりますよね。

しかし、ここでちょっと困るのが、企業の粗品や販促用のクリアファイル。

外から中身が見えないタイプがあるんです。

内容物が外から確認しづらいクリアファイル

こんな感じ。同じく新聞を挟んでも、中が見えないですよね。

これ、実用面では超不便じゃないですか?(私だけ?)

どのクリアファイルにどんな書類を挟んだなんて、覚えていないから、毎回中身を確認しなければいけないのです。

もはや”クリア”ファイルでなくなっているし・・・。

さらに、特定の企業や商品に、思い入れやこだわりがない場合は、”使いまわし感”の重圧が襲ってきます。

A4タイプ(観音開き、中仕切りあり、名刺フォルダーあり)

A4タイプの応用版ですね。

観音開きタイプのクリアファイル

収容力があり、同一カテゴリの書類をさらに分類(A社関連の資料を企画書と見積書といった風に)できるメリットがあります。

なかなか使いやすいですが、私の場合、結局クリアファイル2つで管理すればこと足りるので、便利ですが、特に好んで使うというわけではありません。

私に向かないだけで、人によっては超実用的だと思います。

A3~B4サイズ

A4ほど一般的ではないですが、ポスターや大判の印刷物をもらう時などに入れられています。

私の場合、もらった時は、見慣れないサイズ感なので、手元に残しておくのですが、結局、実用機会に恵まれずに終わります。

A5以下のサイズ

こちらは大きなサイズと違って、なかなか実用的です。

クリアファイルの大きさはいろいろある

A5は、領収書やレシートを入れておいたり、手帳(私のはA5)にそのまま挟んで活用できます。

もっと小さいサイズのものも、これがまた、便利!
お財布に入れて、レシートやクーポン券、ベルマーク(すみません。男40代でも集めています・・・)を一時保管するのに大活躍です。

自分でカットした小さいサイズのクリアファイル

 

余ったクリアファイルの活用法

なんとなく自然と溜まってくるクリアファイル。

使い勝手が悪いから、デザインが好きでないからと、捨ててしまうのは少しもったいないです。

そこはちょっと工夫。

A5サイズや名刺サイズにカットして、ちょっとしたモノを挟んで整理しておくのに、おススメです

簡単にハサミで、好きなサイズにカットできますので。

そして、このとき注意したいのが、カットした角。意外とかたくて鋭いんです。

カットした後のクリアファイルの角

切り傷まではいかないと思いますが、引っかけて「痛いっ」なんてこともあります。

ですので、私はついでに丸くカットしています。

 

まとめ

・クリアファイルは知らないうちに溜まってくる

・結局、A4透明(色つきでもOK)が使いやすい

・内容物が見えないものや、大きめのサイズは使いづらい

・A5以下のサイズは、結構、実用性に優れいている

・余ったクリアファイルは、適当なサイズにカットして再利用がおススメ

 

以上、仕事中にふと思ったことでした。

最後まで、お読みいただき、ありあとうございました。