男40代の秘密基地

男40代が普段の生活の中での出来事、工夫したことをご紹介

下準備10分でゴロッゴロッを楽しむ、男のハムチーズポテト

こんにちは、こんばんは、まめイチです。

 

 

男40代たまに料理シリーズ」ってことに勝手にしている料理の記事。

今回は野菜とハムとチーズを使った料理?

料理というほどではないので、野菜とハムとチーズを使った”おつまみ”。

適当だから、料理名とかないです。

そのまま”ハムチーズポテト

(って、そのままやん…)

 

”適当”がキーワード

ジェンダーの話ではないですが、男40代(私)が料理を作る時に重視するのって”適当さ”だったりします。

作り慣れていないので、一つひとつの作業が要領を得ず結果的に「面倒くさっ!」となってしまいます。

そんなこと言っていながら、細かい作業に没頭してカタルシスを感じたり。

www.secretbase40s.com


日中は意思決定やら期日やらに追われている分、解放されれると気の向くままに動いてみたくなるのが”男40代の複雑性”

今日も、ささやかな”心の健康”を求めています。

料理を作りたくなるとき

私の場合、料理しようかなと思うプロセスは、下記のとおりです。

今日は何飲もうかな? ⇒ コレが合いそうだから作ろう。

20年以上もの長い間で培われた志向性って怖いものです。

完全に”酒ドリブン”の思考パターン。

今回はハムチーズポテト

ということで、今回は赤ワインが飲みたくてハムチーズポテト(適当に料理の名前にしました)を作りました。

結局なんだかんだ言っても、赤ワイン⇒チーズっていう、超単純な発想になってしまうところに、失われかけている柔軟な発想の切実さがあります。

本当に適当なので、ここからは何の役にもたたないと思います。

ザッと流していただいても良いですよ。

材料

ジャガイモ、玉ねぎ、エリンギ(たまたま、冷蔵庫にあった)、あとハム。

材料の野菜

下準備

まずは野菜の下準備になります。

そうそう、また今度書くかもしれませんが、野菜の皮むきって癒されませんか?

(って以前書きましたっけ?…嗚呼、記憶力…)

私はピーラー派ですが、薄すぎず厚すぎずに狙った範囲を捉えられた時のジャストミート感にシビレませんか?

すみません、話が逸れました。

ということで、皮むき。

野菜の皮をむきました

カット

ジャガイモは、あとで並べるので、並べやすいようにスライス。

ジャガイモをスライスにカットします

ハムはささやかな贅沢を味わいたくて厚切りに。
(すみません、庶民度高くて)

ハムは贅沢にぶつ切りで

エリンギなんて、適当の極みです。

エリンギは適当にカット

調理具

こんな時は、アレですよアレ。

タジン鍋

我が家のタジン鍋

別に、タジン鍋である必要性はゼロなんですが、ちょっと変わったものを使った方がやった感出るじゃないですか。

小さな自己満足です。

焦げ付かないように、念のためオイルを少々。

一応、気休めかもしれませんが、健康に気を遣ってオリーブオイル。

オリーブオイルをしく

ジャガイモを並べます

適当に塩コショウ。

ジャガイモに塩コショウをします

他の材料を入れます

とろけるチーズ+粒マスタード+マヨネーズ(男40代は健康が気になるしハーフです)

具を入れて味をつけます

積上げます

同じことを繰り返して積上げます。

そうそう、やっぱり材料を並べて積上げる作業、ココが癒しポイントです。
(私だけかもしれません…)

適当な高さまで積み上げたら。

これで、準備完了

積上げたら完成

火にかける

あとは弱火にかけて完成を待つだけ、15分くらいかな。

さすがタジン鍋

材料から水分が出て、途中は少し水っぽくなります。

少し水がでますね


完成

最後は蓋を取って、水気が減ったら完成です。

基本的にジャガイモも玉ねぎも蒸されているので、ホクホクしていて甘みも増していますよ。

おいしそうな完成の画像

 

最後に

なんか、私、いやしいから、完成するとすぐに食べちゃうんですよね。

後から気づくんですけれど、その時はすでに遅し。

なかなか皆さんのように、美味しそうに撮るのは難しいですね。

ってことで、なんかええ加減な画像ばかりですみません。

 

今回も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

【我が家のタジン鍋がこちら】

いつかは透明なタイプが欲しいかな。

タジン鍋 22cm レッド 3097 3097

タジン鍋 22cm レッド 3097 3097

 
イシガキ産業 グラストップタジン鍋 26cm 3114

イシガキ産業 グラストップタジン鍋 26cm 3114